OkuBlog Written by Tomoki

【cafe recette】鎌倉の”究極のパンケーキ”とは…?

Cafe Kawagawa 鎌倉(kamakura)

こんにちは!Tomokiです。

今回も「鎌倉カフェ」に行ってきました。

cafe recette

どこにある?

こちらは、江ノ電の長谷駅から海方面に進んでいき、細い小道を入った先にあります。

一見

「ここは、普通の住宅街?」

って思うかもしれませんが、なんだか迷路みたいな感覚になるので、ぜひ小道を楽しんでくださいね😌

こちらは、実はOkuBlogで紹介するのは2回目となります!

【日本唯一】パンスイーツ専門店のフレンチトーストが至高

これを書いたのが結構ブログを始めて初期の頃のなので、これを上回れるように頑張ります!笑

日本一!?

こちらは、「日本で唯一のパンスイーツ専門店」で、多くのお客様がいらっしゃるようです。

店名にもある「recette」とは、パンの価値を高める目的として1999年に日本初の「最高級食パン専門店」として東京・世田谷で創業されたようです。

今では、「乃がみ」といった高級食パン店が主流となりましたが、そのブームの原点は、「recette」にあるのです。

その「recette」は、その後に鎌倉に姉妹店「Bread code by recette」を開店し、その近くに「cafe recette」を開店したようです。

こちらのカフェでは、そのような最高品質の食パンを使い、パンそのものをトッピングしたり、パンをベースとしたフレンチトーストをいただくことができます。

PANCAKE TIME!!

僕は、「究極のパンケーキ」をいただきました。

2回連続2度目のパンケーキ。(箱根駅伝出場回数のような言い回し)

表面のキャラメリゼを土台に、アーモンドとピスタチオが乗った究極のパンケーキは美味しすぎて毎度感動させられます。

CHEESE CAKE

あと、(たしか)バスク風チーズケーキとホットレモネードもいただきました。

最近バスク風チーズケーキにハマているんですよね。

そして、ちなみに、なんと、ホットレモネードにもハマっているんですよね(語彙力)

細部までこだわったお店…!

そして、この写真で注目してほしいのは、「フォーク」です。

フォークなどの食器を始め、こちらのカフェでは、内装や家具がとてもオリジナリティがあって素晴らしいのです。

特に椅子やテーブルは、カタログをのぞいてみたところ、とても手が出やすい価格ではないですが、販売もされているようでした。

「パンスイーツ専門店」でありながら、家具や内装に細部までこだわるカフェでもあるのです。

飽きさせない工夫がいくつもなされていて、一度行くと虜になる最高カフェでした。

まとめ

  • 日本唯一のパンスイーツカフェ
  • 「recette」の高級食パンをいただける!
  • 家具や内装にも注目しよう

以上です!

鎌倉カフェは、こちらからもどうぞ!