OkuBlog Written by Tomoki

【Fuglen Coffee Roasters】川崎にもできた!フグレンで最高の一杯を!

Cafe 川崎(kawasaki)

こんにちは!Tomokiです。

今回は、「川崎カフェ」をご紹介したいと思います。

ちなみに今日ご紹介するカフェは、結構有名なお店かもしれませんが、去年新しく川崎にできた店舗なので意外と知っている人は少ないのではないかと思います😌

FUGLEN COFFEE ROASTERS

どこにある?

まず初めに、スミマセン。

今回は、お店の外観を撮影するのを忘れてしまいました。

マップから、ストリートビューを参照いただき、迷うことなくお店にたどり着いて欲しいです!!

ご了承ください(結構反省)。

治安が悪い川崎駅よりも北に位置する登戸駅の近くにあります。

川崎市民の僕としては、有名なFUGLENがわりと家のそばにできてくれて嬉しいです。

歩いて5分もせずに着くことができますよ。

FUGLENとは・・・?

ちなみに、FUGLEN COFFEEはノルウェーのオスロ発のカフェです。

“FUGLEN”とは、ノルウェー語で”“を意味しており、世界最長距離を飛ぶ渡り鳥がその由来だそうです。

目の前はこんな感じ😌

ちなみに、多摩川の土手沿いに位置しているので、天気がいいとテラスでコーヒーを楽しむことができます。

COFFEE TIME

僕は、ここでアメリカーノをいただきました。

「紙カップで!」とお伝えすれば、FUGLENのロゴが入ったカップをいただけるのですが、今回は、無地のコーヒーカップでいただきました。

FUGLENでは、アメリカーノを頼むと、まず「シングル」か「ダブル」かを選択することができます。

これの違いは、「エスプレッソの量」です。

なので、僕は少し味の濃い「ダブル」を頼みました。

そして、そのエスプレッソのダブルのみをカップに入れた状態で「お待ちのお客様~!」と呼ばれたので、行くと目の前でお湯を入れてくださいました

おそらく、人によって濃さの好みがあるので、目の前でこういったことを行っているのです。

最初は、「なにこれ」と思いましたが、FUGLEN流の気遣いなのかなと思い、心も暖まりました。

僕は、日曜日に行ったのですが、本当に多くのお客さんがいました。

このようなFUGLEN グッズもたくさんあっていいですね。

とにかくロゴが、かわいい😌

奥渋や浅草へ行かずとも、最高の一杯を楽しめる良き場所でした。

まとめ

  • 川崎市民憩いのカフェ
  • 日本でも大人気!ノルウェー発のカフェ
  • ちょっとしたパフォーマンスも魅力かも

以上です。