OkuBlog Written by Tomoki

【rebon Kaisaiyu】入谷に構えるリノベ銭湯カフェ

Cafe Tokyo 浅草(asakusa)

こんにちは!Tomokiです。

今回は、下町の「入谷」にあるカフェをご紹介します。

rebon Kaisaiyu

どんなところ?

東京メトロ日比谷線の「入谷駅」から徒歩5分ほどの場所の住宅街に位置しています。

外観は一見すると町の銭湯という感じがします…

というのも、もともと銭湯だった場所をリノベーションしているので、現在はカフェとして営業しています。

正確にいうと、銭湯の脱衣所の部分が「カフェ」で、湯船があるエリアは「オフィス兼アトリエ」になっていました。

「カフェ」の部分は、昔ながらの番台があり、まるでタイムスリップしたかのような不思議な感覚になりました。

「オフィス兼アトリエ」の部分は、僕が行った日はちょうど休日だったので、お店の方に許可をいただき中に入れてもらいました!

昔ながらの富士山の壁画もあって、最高の雰囲気でした…!

COFFEE TIME!

僕は、アイスコーヒーとキウイのマリアージュをいただきました。

夏の日の夕方に行ったのですが、こちらのカフェをとりまく昔ながらの雰囲気やアイスを食べている自分の姿がなんとなく小学生にタイムスリップしたかのような不思議な感覚になりました。

僕が訪れた時は、テーブル席が埋まっていたのでカウンター席に座りました。

そうするとお店の人が、コーヒーとアイスが乗っているプレートについて話してくれました。

こちらのプレートは、全て特注になっていて、グラスがピッタリとハマるようになっています。

コーヒーやプレート、グラスなど細部までこだわっているところを発見することは、カフェ巡りの楽しいところでもあります。

皆さんも自分なりのrebon Kaisaiyuさんのこだわりを発見してみてください!

オンラインショップもあり!

僕が行った時にはなかったのですが、現在ではオンラインショップがあるようです!

基本的にはコーヒーのみとなりますが、多くの種類が置いてあるので、おうちでもrebonさんのコーヒーを味わうことができます。

すべてお店で焙煎しているようなので、お店独自のスペシャルティコーヒーが楽しめるようです!

僕は、足を運んで買いに行きたいと思います!

まとめ

  • 入谷にある銭湯カフェ
  • 夏の日にいただくマリアージュ&アイスコーヒーが絶品
  • 焙煎もしており、オンラインショップでコーヒー購入可能

以上です!