OkuBlog Written by Tomoki

【楽天速報】ポイントが舞い込んできた!【楽天ペイを少し解説】

Rakuten


こんにちは!Tomokiです。

今回は、ちょうど今日(2020年9月29日)獲得したポイントをご紹介したいと思います。

ポイント速報です

上から説明していきます。

iPhoneユーザーも楽天カードでのSuicaチャージで200円につき1ポイントプレゼント【7月度】

こちらは、7月くらいからJR東日本とコラボしているものです。

今までは、モバイルSuicaを楽天カードからチャージしてもポイントがたまりませんでした。

しかし、最近はチャージ200円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されるようになりました。

それまで私は、Suicaのオートチャージ 専用にVIEWカードを作ろうか迷っていましたが、Suicaでも楽天ポイントが貯まるようになってから、即刻「VIEWカード案」は無くなりました。

交通系も楽天ポイントが貯まるようになったので、楽天経済圏を目指す人はやってみてはどうでしょうか!

ちなみに、こちらはキャンペーンなので、今後中止になる可能性もあることをお忘れなく!

※キャンペーンに登録しないと、ポイントは付与されないので、気をつけてくださいね。

楽天ペイのコード・QR払いでいつでも最大1.5%還元キャンペーン(7月分)

今年の6月に政府が主催した「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了し、キャッスレスブームがなくなってしまうのかなあ、と思っていましたが、楽天は違いました。

7月から「楽天ペイの支払いで最大1.5%還元」という”太っ腹施策”を出したのです。

楽天経済圏の住人として、こちらも即刻始めました。

ただし、こちらも気をつける点があります。

こちらは、“楽天キャッシュを楽天カードでチャージし、楽天ペイで支払いをした場合のみ適用”となります。

え、どういうことだ?

この文をおおまかに3分割します。

  • 「楽天キャッシュ」
  • 「楽天カードでチャージ」
  • 「楽天ペイで支払い」

「楽天キャッシュ」

楽天キャッシュとは、楽天ペイのアプリにあるもので、楽天市場等のインターネットサービスと、楽天ペイアプリ加盟店などで使える電子マネーのことです。

例えば、Suicaに入ってるお金は、「残高」って言いますよね。

楽天キャッシュは、その「残高」に当たるものだと思っておけば、理解できると思います。

「楽天カードでチャージ」

例えば、Suicaにチャージする時は、現金かクレジットカードで行うと思います。

それと同じ考えで、楽天キャッシュという「残高」に楽天カードでチャージをすると言う意味です。

「楽天ペイで支払い」

チャージが完了したら、楽天ペイのQRコードを提示し、会計を済ませたら最大1.5%還元となります。

この行程を読まれて、どう思いましたか?

少し面倒

ですよね。

でも、楽天ポイントを最大限に活用するためには、こう言ったことを惜しまないのが、楽天経済圏の住人の使命だと思っています😌

がんばりましょう笑

楽天キャッシュへチャージ&楽天ペイアプリでのお支払いで100万ポイント山分けプレゼント!

こちらに関しては、よくわからないですが、ポイント獲得できたことをお知らせします☺️

【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】事務手数料3300円分ポイントプレゼント0303

こちらは、楽天モバイルの特典で、申し込みをすると事務手数料として3,300円かかるんですが、その分がポイントとして帰ってきました。

「ポイントで帰ってくる」と言う点と「期間限定」と言う点が、いかにも楽天らしい。

付与したポイントを楽天の中のサービスで使い、期限を設けることで消費を促す、という策略にハマっております笑

すっかり忘れていたのでポイントが潤いました。

【Rakuten UN-LIMITオンラインお申し込みキャンペーン】オンライン契約で3000ポイントプレゼント0303(ポイント付与月:9月)

こちらも完全に忘れてました。

オンラインで申し込みをすると、3,000円戻ってきました。

auから楽天モバイルへの機種変更に関しては、トータルで事務手数料の3,300円しかかかっていないので、このポイント分3,000円まるまる儲けてしまいました😌

まさに

「棚からぼた餅」

状態ですね。

以上が、本日獲得したポイントの紹介となります。

今月「楽天でんき」を契約したので、またその分のポイントが舞い込んできそう。

獲得したらお知らせします😌