OkuBlog Written by Tomoki

【楽天Suica】楽天ペイ経由でポイントを獲得する方法【デメリットも紹介】

Rakuten


こんにちは!Tomokiです。

今回は、楽天カードでsuicaのチャージをするメリットについて紹介したいと思います。

なお、こちらはiPhone 向けでお話しします。

Androidの方は、少し違うみたいなので予めご了承ください😌

では、本題に入ります。

多くの方は、電車に乗るときに電子マネーを使ってると思います。

例を挙げると

  • Suica
  • PASMO

あと他は、地方系の電子マネーがあるかと思います。

これらは、基本的に現金クレジットカードでチャージが可能です。

スマートフォンやスマートウォッチでモバイル版電子マネーを使うときには、クレジットカードのみの利用となります。

クレジットカードでチャージをする場合は、オートチャージ機能が使えます。

オートチャージ機能とは、電子マネーを使って残高が減ったときに、自動でチャージをしてくれるという機能です。

具体的にいうと、例えばコンビニで300円のチョコレート菓子を買うとします。

でも、Suicaには250円しかありません。

本来であれば、「チャージお願いします」と申し出なければなりません。

ですが、オートチャージ機能であれば、残高が決済しようとしてるものよりも低かった場合に、自動的にチャージされるというものです。

そのチャージ額は、おそらく1000円単位で設定できます。

注意点としては、どのクレジットカードでもオートチャージができるわけではないということです。

一応、各電子マネーに対象のカードがありますので、しっかり確認しといてください。

でも、オートチャージする為に、わざわざ対象のクレジットカードを作るのはめんどくさいですよね。

そこで楽天が始めたのは、

「楽天カードでチャージすればポイント入るよキャンペーン」

です。

いや、普通に前からポイント入るんじゃないの?😱

以前までは、電子マネーのチャージに関しては、一切ポイントは獲得できませんでした。

1000円チャージしても、1%還元の10ポイント入るわけでもなく、常に0ポイントでした。

しかし、現在は楽天カードでモバイルSuicaをチャージすると、200円につき1ポイント入るようになりました。

チャージでも、0.5%還元となるのです。

楽天経済圏の住人としては、始めない理由はありませんでした。

ポイントをコツコツ貯める為にも、始めてみてはいかがでしょうか。

最後に1点だけ、デメリットがあります。

それは、「毎月エントリーをしなきゃいけない」ということです。

モバイルsuicaで楽天カードのチャージ設定していたとしても、「楽天ペイアプリ内」でエントリーを忘れてしまうと、ポイントが入りません。

一手間必要ですが、やる価値はあると思います。

今日はこの辺で!